太陽光の蓄電池を購入して設置する~システムトレンドパワー~

家

自然エネルギーの活用方法

ソーラーパネル

家庭用の電力の自給自足

東日本大震災以後においては、自宅に太陽光発電システムを導入する家が増えてきています。太陽光発電システムを導入すれば、何らかの災害によって電力会社からの電力供給が止まっても数時間は家電製品などを使うことが可能となるからです。しかし、家庭用の太陽光発電システムでは、多くの電力を家庭で溜めておくことはできません。そこで、太陽光発電システムと同時に家庭用の蓄電池を導入すると、太陽光で発電した電力を大量に溜めておくことができるようになります。そのため、太陽の出ていない夜でも蓄電池からの電力で家電製品などが使えるようになります。つまり、両方の設備を導入すれば、すべての電力を太陽光による発電で賄うことが可能となってきます。

オール電化にするメリット

家庭において太陽光システムと蓄電池の両方を設置した際には、さらにオール電化にするとメリットが大きくなります。オール電化ではガスコンロをIHヒーターにしたり、ガス給湯器をエコキュートに替えたりすると効果的です。オール電化にすると家庭で使う電気は、すべて太陽光発電の電力だけですむようになってきます。その結果として、家庭のエネルギー代を低く抑えることができます。なお、太陽光発電システムと蓄電池を購入する場合には、自治体などから別々に補助金が出ることがあります。上手く両方の補助金を活用すると、初期費用を抑えられます。初期費用をできるだけ抑えることができれば、月々のエネルギー代を減らすことで早く初期費用を回収することも可能です。

とても大切なことである

作業員

長く同じ建物に住み続けるには必要に応じてメンテナンスをする必要がありますが、その中でも外壁塗装をするのはとても大切なことです。埼玉県にも外壁塗装を行っている業者が沢山あるので、埼玉県に住んでいる人も気軽にそういった業者に外壁塗装の依頼をすることができます。

Read More...

自然の力で発電へ

ソーラーパネル

最近は自然の力を利用した発電が盛んになって来ており、例えば太陽光発電を自宅の屋根に設置する事が挙げられます。宮城で太陽光発電を設置検討するならインターネットの情報サイトを活用して対応する事もお勧めです。

Read More...

関西における外壁の塗装は

作業員

姫路で外壁塗装を行う場合には、従来からあるウレタンやアクリル系、あるいはシリコンやフッ素系の塗料に加えて新しく断熱塗装や遮熱塗装、あるいは光触媒塗装という種類が出て来ました。現代の地球温暖化時代に省エネに配慮された地球にやさしい塗装方法とも言われています。

Read More...